安全で安心な社会、職場作りと、地域社会に親しまれる事業所育成を目指して!

狭山市事業所防犯協議会の第39回定期総会が開催されました。

冒頭照沼会長より、昨年はコロナ禍という事もあり活動も制限されていたが、今年はしっかりと活動していきたいという、狭山市事業所防犯協議会としての諸活動への意欲が語られました。

狭山市事業所防犯協議会 照沼会長

来賓としてご臨席いただいた、狭山警察署より真野署長から、狭山市内での刑法犯についての講話がありました。狭山市内での刑法犯については、減少傾向にあるものの、犯罪の内容が強制わいせつや自動車・自転車・オートバイなどの窃盗が増えているという現状があるとのことでした。また相変わらず多い特殊詐欺被害については、毎日のように予兆電話の報告があり、昨年と比較しても増加傾向にあるとの事でした。

狭山警察署 真野署長

狭山市からは吉田副市長にご臨席いただき、お言葉を頂戴しました。実体験を踏まえ、狭山市内での特殊詐欺被害への対応の重要性を語られました。

狭山市 吉田副市長

狭山警察署生活安全課 高田課長より犯罪情勢に関する講演をいただき、狭山署館内で多発する窃盗犯罪、進入犯罪、女性・子供を狙った犯罪などに対する情報提供が行われ、その対策などについても情報提供がありました。また署長講話にもありました「特殊詐欺被害」については、その手法が年々変化していることから、最新の手口などが公開され、未然に防ぐ方法や対応策についても情報提供が行われました。

また、日ごろから市内での防犯推進に尽力されている個人と企業に対する表彰も行われました。

特別地域安全功労者表彰として3名の方が表彰されました。当日参加された2名の方が表彰状を受け取りました。

狭山市事業所防犯協議会 個人表彰

地域安全功労表彰として、12の企業が表彰され、当日参加された6企業が表彰状を受け取りました。

企業表彰

総会も無事終了し、新たな年度がスタートしました。狭山市事業所防犯協議会ではこのような情報共有により地域の防犯を市内企業のネットワークにより改善していこうと取り組んでいます。より強固なネットワーク構築のため、狭山市事業所防犯協議会では随時参加企業を募集しています。

 

第38回となる狭山市事業所防犯協議会的総会が開催されました。

第38回狭山事業所防犯協議会定期総会

冒頭、照沼会長より総会開催のあいさつの中では「このような時期だからこそ防犯に関して新しい情報を知る必要がある」という人を入れての総会開催に対する力強い言葉がありました。

狭山警察の真野署長からは、社会問題となっている特殊詐欺についての現況説明などがあり、その対応方法などの情報共有がありました。

講演では生活安全課の高田課長より、狭山警察署管内での犯罪発生状況などが詳細に報告され、防犯についての状況が語られました。

総会議事につきましては第1号から第5号まで賛成多数で承認されました。

表彰式では、日頃の防犯活動に尽力された7名の個人に対して特別地域安全功労者表彰が行われ、10事業所に対して地域安全功労表彰が行われました。地域安全功労表彰の事業者は以下の通りです。

第38回狭山事業所防犯協議会定期総会

  • 有限会社青木
  • 有限会社天野サッシ
  • 株式会社酒商増田屋
  • 株式会社清風園
  • 竹内木材工業株式会社
  • 株式会社服部園
  • 株式会社ナリキヤ
  • 株式会社鳳鳴閣
  • 株式会社丸三資材工業
  • 医療法人社団水弘会水富診療所

入間市・狭山市の事業所防犯協議会が毎年合同で開催している新春講演会が開催されました。

今年は入間が主幹となって狭山市のAZGRACE(アズグレイス)にてr両市から多くの事業所が参加し、新年最初の学びと懇親の場として行われました。

会の冒頭では狭山警察署生活安全課長森田様より「防犯の近況」についての講和がありました。犯罪の形態は従来のものから振り込め詐欺などの特殊詐欺事件などへと移行し、また狭山警察署管内でも多くのフィッシング詐欺やネット詐欺などのサイバー犯罪も多く報告されるようになってきているようです。


(狭山警察署森田課長)

主催者挨拶として、入間市事業所防犯協議会小野会長より、新年のあいさつの中で2020年の幕開けと共に懸念されるコロナウィルスやそれに関連したパニックへの懸念、事業所への不当要求などの話題が取り上げられました。

2020入間市事業所防犯協議会小野会長
(小野会長)

入間市事業所防犯協議会は、多年にわたる暴力追放と薬物乱用防止活動を積極的に推進したとして、埼玉県警から表彰された旨も報告されました。

令和2年、入間市事業所防犯協議会 表彰

令和2年、入間市事業所防犯協議会 表彰

来賓を代表しての入間市田中市長、狭山市小谷野市長からもご挨拶を頂きました。

20200131-田中市長

<入間市 田中市長>

20200131-小谷野市長

<狭山市 小谷野市長>

講演会では、狭山警察署長 塚本様から「管内の治安情勢」について発生状況や今後の展開などについてお話しいただきました。ここ数年、全体的犯罪の中で目立つのが振り込め詐欺などの特殊詐欺被害で、その防止策がなかなか見つからないということで、当事業所防犯協議会とも連携して犯罪抑止策を構築していきたいということでした。更に、社会的問題にもなっている児童虐待やDV、オリンピックを控えテロ対策など、様々な問題について言及され、掲載だけでく、事業所、地域、市民などが協力していく事の大切さも話されていました。

狭山警察署 塚田署長

(狭山警察署 塚田署長)

 

毎年狭山市にて12月の恒例行事となっている「防犯パトロール」に参加しました。

今年は12月13日に行われたこの行事は、犯罪件数が増えるこの時期に防犯の啓蒙のため毎年狭山市駅前で行われているもので、狭山市内の防犯に関わる団体が集まり、市民に向けた情報発信などを行います。

当事業所防犯協議会のメンバーも参加しました。

近年日本全国で増加傾向にあり、また狭山市では特に多い振込詐欺抑止のため、情報提供のためチラシ配布を行いました。

事業所防犯協議会として令和元年度最後の活動となりました。

 

2019年12月13日(金)

入間市駅南口~ipodまで実施

狭山市事業所防犯協議会にて2019年11月15日(金)に視察研修会を開催しました。

来年開催される東京オリンピックの会場となる東京湾岸周辺を海側から視察しました。

視察コースはお台場をはじめ、建設中のスタジアム、東京湾岸に建設中の様々な競技会場を海側から見学しました。

お台場周辺にはこの時期、東京臨海新交通臨海線の愛称にもなっている「ゆりかもめ」を見る事ができます。

 

 

オリンピック会場の視察は湾岸エリアの運河から行うため、天王洲ヤマツピア桟橋よりボートに乗船しました。

 

運河には多くの端がかかっているため、交通できる船も限られてきます。湾岸エリアはオリンピック競技場関連施設だけでなく、ホテル、企業などもオリンピックに合わせ立て直しやエリア開発が進められています。

 

事業所防犯協議会ではこのように、多くの企業が参加する視察研修会を毎年行っています。

事業所防犯協議会へのご入会はこちらからお問合せください。

2019年11月16日(土)

入間市民会館で開催し、その中で表彰式が行われました。

2019年10月8日

施設見学会を実施しました。

JAL工場~和田倉噴水公園~田村酒造場

resize0494 resize0492 resize0495 resize0483

resize0488 

resize0497

令和元年6月7日 武蔵クラブ

resize0404 resize0405

resize0397 resize0396

resize0398 resize0399

resize0400 resize0401

resize0402 resize0403    

resize0395 resize0406

狭山市事業所防犯協議会の第36回定期総会が新狭山のアズグレイスにて令和元年5月20日(月)に行われました。

本総会にて長年会長を務められた後藤氏から新会長として照沼氏にバトンが渡され狭山市事業所防犯協議会は新体制となってスタートしました。退任された後藤氏には狭山警察署より特別地域安全功労者表彰が送られました。

後藤元会長

後藤元会長

照沼新会長

照沼新会長

狭山警察署から塚本所長にもご参加いただきました。

狭山警察署長

狭山警察署 塚本署長

総会の中では日頃から事業所として防犯活動に取り組んでいる企業15社が地域安全功労表彰対象企業として表彰されました。

令和元年地域安全功労表彰

令和元年地域安全功労表彰対象企業の皆様

受賞企業:(株)アイコンサルタント、(有)小沢製作所、クボタ設備(株)、(株)埼玉成光、狭山不動産(株)、(有)大松、(株)ツユキ、シチズン時計マニュファクチャリング(株)、(有)田菊米穀店、(有)田辺新聞店、(有)原田材木店、(株)ホンダカーズ埼玉西新狭山店、松本工業(株)吉松建設工業(株)、理光企画(株) 以上(敬称略)

令和という新しい時代を迎え、人事も一新し、今後も狭山警察署と地域の企業が連携して防犯の啓蒙により安全な地域づくりに寄与していきます。